注文住宅

建設中の家

一戸建てに住む人は一戸建てに対していろいろなメリットがあると考えています。
例えば、自分の住みたい場所に土地さえあれば住むことは可能です。
また家族がいる家は一戸建てに住むことで、子供をのびのびと育てることができるのです。
マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、いくら壁が厚いと言っても、足音やら声やら生活音がどうしても聞こえてしまうのです。
一戸建てにはその心配がなく、生活音があるとしても自分の家族の足音や声なのでよほどひどくない限りストレスになることもありません。
それ以外のメリットは、一戸建ては自分で設計することもできるということです。
自分たち家族の住みたい家に住むという感覚にさせてくれるのです。

一戸建ての歴史は江戸時代やそれより昔にさかのぼれば古くからあります。
しかしながら今のように法整備もしておらず仲介業者もいなければ、34年ローンもありませんでした。
今のように法整備がされ始めたのが戦後です。
それから住宅が増えてきたのは酵素経済成長期です。
大きな庭と大きな家に憧れて必死に働いた人たちも多かった時代なのです。
時代は変わり、不況に突入すると住宅を手放す人が増えてきました。
特に2009年後の世界恐慌では随分ダメになった会社があると言います。
自営業者は自分の家を競売に出され、新しい買主を待つことになるのです。
そのような流れで中古住宅が増えていき、新築住宅よりも中古住宅を購入するという20代や30代の世代が多くなっていきます。